Yahoo! JAPAN JCBカード

Yahoo! JAPAN JCBカード
カード名 Yahoo! JAPAN JCBカード
年会費 永年無料
国際ブランド jcb

辛口コメント

YahooポイントがTポイントと統合して、一気に使いやすくなりました。クレジットカード利用でTポイント1%還元は魅力的です。1ポイント=1円から利用できるので、無駄がありません。

電子マネーQUICPayを付帯できて、QUICPay利用分にも同じくポイント還元があるのも良いです。年会費無料クレジットカードでは貴重な、ショッピングガード保険もついています。ETCカードも無料です。

これだけでもかなり便利でお得なクレジットカードなのですが、なんとなく物足りない感じがします。Yahoo!系列のサービスとのコラボが見えにくいのかなと。

例えば、Yahoo!ショッピング利用でポイントが3-5倍になるというキャンペーンは実はかなり美味しいのですが、Yahoo!ショッピングのシェアが低いためか、イマイチ浸透していない感があります。

国際ブランドがJCBというのも「海外で使えないのでは?」というなんとなくの不安が……。しかし、JCBの海外デスクは日本語が通じるので、いざというとき安心です。

Yahoo! JAPAN JCBカードは持っておいて絶対に損はないカード。年会費無料で申し込みするだけで5,000Tポイントをタダで貰えますし。まずはQUICPay専用カードとして利用するのも良いと思います。

※申し込み方法が割とわかりにくいです

Yahoo! JAPAN JCBカードを申し込むためには、事前にYahoo!IDを取得しておく必要があります。もしIDをお持ちでない場合は、事前に取得しておきましょう。

Yahoo! JAPAN JCBカード申し込みページ「カード申し込みボタン」をクリックした先の「新規取得」リンクから取得できます。5分もかかりません。

ポイント

年会費無料にもかかわらず、最高200万円のショッピング保険が秀逸。ポイントはTポイントで使い勝手は抜群。もれなくTポイント最大9,000ポイントプレゼント。

詳細

便利なTポイントがザクザク貯まる

Yahoo! JAPAN JCBカードは、カードショッピング100円につきTポイント1ポイント獲得できます。還元率は1%と高還元です。Tポイント提携店ではダブルでポイントが貯まります。

スマホからのY!ショッピング利用で毎日3倍!土日は最大5倍のTポイントがもらえます。

Tポイントは1P=1円から利用できるため、無駄なく使い切ることができます。

QUICPayでもTポイントが貯まる

ポストペイ型(使った分だけ後払い)の電子マネーQUICPayを付帯できます。Yahoo! JAPAN JCBカードは、QUICPay利用分にもTポイントがつきます。

コンビニ払いをすべてQUICPayにすることで、Tポイントをさらに貯めることができます。コンビニでクレジットカードは利用できますが、出しづらいです。QUICPayなら、シャリーンで済みます。

日々の買物で、クレジットカード決済の割合が増えれば、ドンドンTポイントが貯まりますよ。

無料ETCカード

Yahoo! JAPAN JCBカードはETCカードも年会費無料です。ETC利用分にもTポイントがつきます。

ショッピングガード保険

補償期間中にYahoo! JAPAN JCBカードで購入した商品が、90日以内に偶然の事故により損害を被った場合、100万円まで(Yahooショッピング購入時は200万円まで)補償します。

年会費無料クレジットカードで、100万円まで補償してくれるのは珍しいです。

Yahoo!関連サービスをお得に

・『Yahooプレミアム』同時登録でプレミアム会員費380円(税別)が3ヶ月無料
・『ヤフオク!』で本人確認不要ですぐに出品可能!
・『ヤフオク!』落札金額の決済手数料最大50%オフ
・『Yahoo!BB』ご契約成立で最大3万円キャッシュバック!
・『Yahoo!お見合い』1ヶ月プランが無料!(通常価格:4,267円+税341円、プレミアム会員価格:3,790円+税303円)

など、Yahoo!関連のサービスをお得に利用できます。

ポイント交換

・500Tポイント→ANAマイル250ポイント(1,000円あたり10.5マイル)
・1,000Tポイント ⇒ Suica 1,000円分

に交換できます。

カード詳細機能

基本機能

年会費 無料
マイル交換 ANA:1000円⇒5マイル
自動車関連 無料ETCカード
各種保険 ショッピング保険100万円
割引サービス
国際ブランド
運営会社 ヤフー株式会社

申込み条件

Yahoo! JAPAN IDと金融機関口座、メールアドレスをお持ちであることに加えて、18歳以上で安定した継続収入があることが必要です。
ただし、本人が無収入でも配偶者に収入のある方や、学生(高校生を除く)でも申し込みできます。なお未成年者は、有職・学生にかかわらず、親権者の同意が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました