フィッシング詐欺に注意

フィッシング詐欺とは、クレジットカード会社や銀行を装ってEメールを送りつけ、偽のサイトへ誘導してパスワード等の情報を入力させて、クレジットカード番号など盗む詐欺行為です。

「オレオレ詐欺」のメール版といっても良いでしょう。

メールの内容は、「未払い金がある」「情報更新の必要がある」など様々です。

メールがからリンクされているサイトは、本物と見分けがつきにくく、巧妙に作られています。本物と良く似たURLを使っていたりしています。

フィッシング詐欺から身を守るには、「Eメールの内容を信用しない」ことです。クレジットカード会社などの金融機関が、Eメールで暗証番号や個人情報などを要求してくることは、通常はありません。

少しでも不安を感じたら、クレジットカード会社のサポートへ電話をして確認することをおすすめします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最終更新日:2014.10.22 初投稿日:2006.7.30
前の記事 -
クレジットカードを不正使用されてしまったら
携帯料金を滞納すると、クレジットカードが使えなくなる話
- 次の記事
関連記事
当ページの内容についてのご質問、ご意見をお寄せ下さい
お名前


メールアドレス


お問い合わせ内容


※クレジットカードの申し込み方法、各種請求、変更の問い合わせは、こちらのフォームからは受付できません。各クレジットカード会社へ直接お問い合わせ下さい。