クレジットカードの使い方

クレジットカードの使い方について説明します。特に難しいことはありません。流れだけ覚えておけば、スムーズに利用することができます。

●クレジットカードで支払い

まず、クレジットカードを忘れずに持って買物に行きましょう。クレジットカードがなければ利用できません。

お店で欲しい商品を見つけたら、レジ向かいましょう。

「お支払いは現金ですか?」と店員さんに聞かれるので「カードでお願いします」と答え、カードを提示します。

すると「カードの支払い方法は?」と聞かれますので、支払方法(一括払い、ボーナス一括払い、分割、リボなど)を答えます。

通常は一括払いです。分割、リボ払いは金利が発生するので注意してください。

店員さんはカードをリーダーに通して、あなたのカードが使えるかどうかを調べます。カードが利用できる状態であれば、伝票が出てきて、サインを求められます。カードの裏の署名と同じサインをします。

ICチップ付きのカードであれば、暗証番号の入力を求められます。

これで全て終了です。クレジットカードを貰い忘れないようにしましょう。

お金を払わずに、商品を店外に持ち出したみたいで最初は戸惑います。問題ありません。

クレジットカードの引き落とし日までに、銀行口座にお金を忘れずに入金してください。

●カードでキャッシング

いざというときは、クレジットカードで現金を借りることができます。金利は消費者金融と変わりません。十分注意して利用してください。

キャッシングは、ATMで行うのが早くて便利です。銀行などほとんどのの金融機関のATMが利用できます。コンビニのATMでもできます。

クレジットカード会社に電話で連絡して、指定の銀行口座に振り込んでもらうこともできます。

海外でのキャッシングは便利です。海外でキャッシングをすると、現地通貨で引き出すことができます。為替レートもキャッシングの方が良い場合が多いです。

VISA、Masterなどの国際ブランドが付いているカードであれば、ほとんどのATMでキャッシングできます。

●使用限度額について

ショッピング限度額が20万円でも、15万円の商品を購入できない場合があります。限度額が総額20万円でも、一商品あたりの限度額は別に設定されていることがあります。

お店でクレジットカードが通らなければ、クレジットカードの裏の電話番号に問い合わせしてみましょう。一時的に利用限度額を上げてもらうことも可能です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最終更新日:2014.10.21 初投稿日:2006.7.30
前の記事 -
クレジットカードの便利な機能
クレジットカードの年齢制限について
- 次の記事
関連記事
当ページの内容についてのご質問、ご意見をお寄せ下さい
お名前


メールアドレス


お問い合わせ内容


※クレジットカードの申し込み方法、各種請求、変更の問い合わせは、こちらのフォームからは受付できません。各クレジットカード会社へ直接お問い合わせ下さい。